索引

閉じる

メンバー

  • 染谷 拓郎
    Someya Takuro
    代表取締役
    プロデュース事業プロデューサー/
    プランニングディレクター

    1987年、茨城県生まれ。2009年日本出版販売入社、2015年より現職。株式会社ASHIKARI取締役。主な実績として、「箱根本箱」の立ち上げ、キャンプイベント「森の生活」開催、イオンモール上尾「Park of Tables」プロデュースなど。吉野川市立鴨島図書館のアートディレクション、選書企画「BPM Reading」開発など、図書館向けの企画も多く担当。本と映画と音楽どれも必要で、時期によってその順位が変わる。ビートルズなら「マーサ・マイ・ディア」、ストーンズなら「悪魔を憐れむ歌」が好き。

  • 武田 建悟
    Takeda Kengo
    取締役
    文喫事業プロデューサー/
    プロジェクトマネージャー

    2011年日本出版販売入社。新規事業部の設立時から、様々な企画やサービス開発、空間づくりを担当。2018年入場料のある本屋「文喫六本木」をオープン。2021年には百貨店との新業態を企画、同施設内にカルチャースクールと融合した「文喫福岡天神」を手掛ける。文喫事業全体のプロデュースからブランド戦略を担う。その他に、企業ライブラリ「READING ROOM」の立ち上げ、体験型企画「月刊koé」の開発。コンセプト開発やビジネスモデル設計といった企画プランニングから、プロジェクト全体の進行管理を行い、様々な外部企業の企画・プロデュースを担当。

  • 有地 和毅
    Aruchi Kazuki
    チーフブックディレクター/
    コミュニケーションデザイナー

    2010年日販グループのあゆみBOOKS入社。小説家との往復書簡を店頭で公開する「#公開書簡フェア」などの店頭企画を実施。2016年日本出版販売株式会社に出向。書店空間を活用した企業ブランディング企画担当を経て、2018年より現職にて本のある場のプロデュースに携わる。本と出会うための本屋「文喫 六本木」では、コンセプトデザイン、選書、企画展示のディレクションを手掛けている。2020年より、企業の文化的課題解決をアシストする企業ライブラリーのプロデュースを開始。本を起点としたコミュニケーションの創出、ワークショップ運営に取り組んでいる。

  • 西條 陽香
    Saijo Haruka
    アシスタントディレクター/
    プロジェクトマネージャー
     

    北海道出身。2016年日本出版販売入社。学生時代の書店勤務経験を活かし、書店営業として商品企画やMD提案、店舗運営全般をサポート。その後、2019年より現職。文喫事業のリテールサポート及び新規店舗開発を行い、初の他業態との融合モデル「文喫福岡天神」では立ち上げを担当。業態開発からオープンに至るまでの企画・進行管理を行う。その他、外部企業の企画・プロデュースから、各業態に合わせた運営サポートまでを担当。

  • 深井 航
    Fukai Wataru
    チーフプランナー/
    ブックディレクター

    1995年、埼玉生まれ。2017年、日本出版販売株式会社に入社。全国にある書店の在庫検索・店頭取寄ができるアプリ「ほんらぶ」の立ち上げと運営に2年間従事。その後、2019年より現職。箱根本箱・松本本箱のブックディレクションを担当する他、キャンプイベント「森の生活」やイオンモール上尾「Park of Tables」などのプロジェクトマネジメント、文喫オンラインイベント「知るを知る。」のプランニングなどを行う。好きなレーベルは医学書院の「シリーズ ケアをひらく」。

  • 加々美 達也
    Kagami Tatsuya
    ブックディレクター
     

    1985年、東京生まれ。2009年株式会社リブロ(現:株式会社リブロプラス)入社。書店員として、コミックやビジネス書、文芸書の店舗担当者を務めた後、オープンに携わったリブロ一之江店店長に就任。キャラクター雑貨を絡めたアメコミコーナーの導入や、店頭での文具イベントの開催など本と他商材を絡めた企画を行った。その後、リブロ大泉店店長を経て現職。常に「人が本を読みたくなる仕掛け」を考えている。好きなジャンルはSF小説やサスペンスで、趣味は映画鑑賞、サッカー観戦、食べ歩きなど。

お問合せ