索引

閉じる

  • “文化を喫する入場料のある本屋”として思いがけない本との出会い思い思いに過ごす本との時間を提供する文喫が東京・六本木福岡・天神に続き愛知県名古屋市に2024年4月23日3店舗目となる文喫 栄をオープンしました

    場所は同日にグランドオープンした新生中日ビル 多くの人が行き交う名古屋屈指の繁華街で文喫 栄は訪れる人々にとっての “新たな居場所”となることを目指します

喫茶店文化が根付いた
名古屋ならではの街の本屋

  • 名古屋といえば喫茶店文化
    そんな名古屋の街に馴染む文喫の姿に思いを巡らせ文喫 栄では
    本屋と大喫茶ホールをコンセプトにしました

    370坪という過去最大級の広さに入場無料の本屋エリアと約3万冊の本が読み放題の大喫茶ホール午前11時まではモーニングの時間となっておりトーストを無料でサービスしています
    大喫茶ホールは4つの空間にわかれており広々とした喫茶ホールまるで書斎のようなシックな空間大きなガラス窓から久屋大通公園が臨める開放的なカフェ電源・コンセント完備のワークスペースとそれぞれに雰囲気が大きく異なります

    1人でじっくり本に向き合いたい時だけでなく一日の始まりや友人とのおしゃべり作業に集中したい時などその日の気分や目的にあわせて過ごす空間を選べることでお客様にとっての“いつもの場所”そしてもうひとつの居場所になれたらと考えています

本屋と大喫茶ホール

  • 旗艦店としてオープンした文喫 六本木九州最大の老舗百貨店岩田屋本店とタッグを組み“新たな学びのかたち”を提案している文喫 福岡天神そして今回オープンした文喫 栄

    文化を喫する入場料のある本屋というコンセプトは共通しつつも文喫は店舗それぞれに全く異なる特徴を持っていますそしてこれからも一つとして同じ文喫は生まれません

    その場所にどんな人々が暮らしていて文喫があることでどんな変化を生み出したいかチェーン展開のような効率のよさはありませんが店舗ごとに特徴が異なるのはそれを追求した結果です

非効率でも
その土地ならではの
文喫をつくる

文喫 栄

喫茶店文化が根付いた名古屋ならではの街の本屋

オープン日:2024年4月
アクセス:〒464-0083 愛知県名古屋市中区栄4丁目1番1号 中日ビル2F
     地下鉄東山線・名城線 栄駅/名鉄瀬戸線 栄町駅から地下街直結
営業時間:店舗・飲食7:30~ 21:00(L.O. 20:00)
     物販   10:00~20:00
定休日:1月1日、6月第4日曜日
    ※中日ビル休館日に準ずる
    ※諸般の事情により、営業時間が変更になる場合がございます
席数 :162席
入場料:90分:825円/1人(税込)
    延長30分毎:275円/1人(税込)
    1日最大:2,475円/1人(税込)
公式サイト:https://sakae.bunkitsu.jp/

プロデュース:株式会社ひらく、日本出版販売株式会社、株式会社スマイルズ
ブックディレクション:株式会社ひらく
店舗運営:株式会社ひらく

担当:
プロデューサー:武田 建悟 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
プロジェクトマネージャー / ストアマネージャー:棚橋 美穂 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
ブックディレクター / サブストアマネージャー:谷村 藍・牧野 あさみ (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
ゼネラルストアマネージャー:伊藤 晃 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
プロジェクトマネージャー:清原 文 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
ブックディレクター:有地 和毅 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)
マーチャンダイザー:三上 京香 (株式会社ひらく / 日本出版販売株式会社)

作品をシェア

お問合せ